このサイトは本業であるサラリーマンの月給以上をFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で稼いでいるブログです。ズバリ稼ぐコツ、教えます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事では足し算と引き算を使ってポートフォリオを考えるという話をしました。



先日の公式を思い出してみると

AUD+USD-CAD(全て/JPY)でしたね。

ということで実際に数値を入れて見ましょう。




H18年7月25日現在の値を使うと

88円+117円-102円=103

この103円がどのような意味を持つのでしょう?



この公式を当てはめて、過去5年間の値を見てみると

最大値は112円

最小値は92円

となります。




そして今は103円

ちょうど真ん中あたりですね。




この3つの通貨を1セットの組み合わせとして買った場合に

102円を中心にプラスマイナス10の範囲でここ5年間は変動してきました。

ここでいう1円の変動は1万円を意味します。



ということは102円を中心に証拠金ベースで上下10万円の変動があったということです。




このセットを購入するのに普通は証拠金を20万円ぐらい入れないといけないでしょう。

そして合計値が102円でポジションを取ったら最大で下落するのは10万円分。

このPFは今のスワップポイントでいえば年間6万円になります。

元本20万ですので、年利30%です。

下落幅が過去5年で最大10万円でスワップポイントによる収入が6万円。

おしくないですか?リスクが限定されていると思いませんか?




よりリクスを減らしたいのであれば下限である100円以下で購入できれば、

ほぼ間違いなく強制決済される可能性はありません。




毎日毎時間、値動きを気にしてPCに張り付いていることはないのです。

ポジションとって放置。それでお金が入ってくる。最高じゃないですか?



人気blogランキングへ

次へ進む
スポンサーサイト

~~~~メニュー~~~~


■はじめに ■FXとは ■投資へのスタンス
┣このサイトについて ┣FXのしくみ ┣投資スタンスについて
┣私の目指すところ ┣FXのメリットデメリット ┣スワップ狙い 
┣スワップ派の定義
┣手数料の違い ┣単一通貨を運用するリスク
■投資をする前に ┣FXのリスク ┣より強固なPF
┣複利を有効に使う ┣不動産投資と同じ! ┣最適なPF
┣お金を運んできてくれるものを買う ┣スワップ派のスタンスの違い
■投資経過 ■ポートフォリオを組む ■FX業者について
┣スワップ投資の1年後 ┣AUD&USD&CAD ┣おすすめFX業者
┣現在のFX収入 ┣ポンドとユーロは仲良し?
┣スイングトレード結果 ■リンク集
■資金効率をあげる
■勉強部屋 ┣バリュー株とのコラボ
┣税金について
 
コメント
この記事へのコメント
おいしそう
なるほど。為替の変動リスクを、異なる通貨のロングとショートを組み合わせることで、軽減させるのですね。

過去5年間、、、というところが、データ取得の期間としてはちょっと弱いような気がしますが・・・にしても、かなり良さそうですね。まさに、裁定取引ですね。


それと、スワップの変動幅はどうなんでしょう?米国ドルロングのスワップは、過去には少なかった時期もあるように記憶していますが?
2006/07/28(金) 14:25 | URL | スパ #-[ 編集]
むむむ
さすが、スパさん痛いところをついてきますね。
実はめんどくさいので調べるの放棄していたんですが、せっかく質問されたので調べておきます。
自分のためにもなりますし。
しばしお待ちを。
2006/07/28(金) 18:20 | URL | fxking #-[ 編集]
FXking様

突然、申し訳ありません。ブログランキングを運営しています管理人のHaruyamaと言います。
このたび、為替ブログを専門に扱ったランキングサイトが出来ました。
もしあなた様がよろしければ当サイト「FX(為替)ブログランキング」にて、こちらのブログをご紹介させていただきたいと思います。是非、よろしくお願いします。

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://rank-net.jp/fxg/
2006/07/31(月) 05:58 | URL | Haruyama #YrGnQh/o[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/07(月) 22:40 | | #[ 編集]
目からうろこです!
素晴らしい発想ですね。
複数通貨の組合せで為替差益のリスクを減らすのはスワップ派の常識でしょうが、JPYだけでここまで出来るとは!

私も1999年~現在までのデータをみてみました。
最大値:122.11(1999/05/22)
最小値:92.25(2000/09/21)
相関係数:-0.88[USD+AUD]買[CAD]売

相関係数は素晴らしいです。
-1.0で完全な逆相関なので為替差益のリスクゼロですから-0.88なら、ほぼリスクを吸収できますね。

2000/09/07現在の値は

113.37 + 93.69 - 107.43 = 99.63

と、100未満でいい感じです。
2007/09/09(日) 14:35 | URL | よはん #o92WsdZs[ 編集]
追記
1990年~現在までのデータも見てみました。
最大値:146.38(1990/6/24)
中央値:109.01
最小値:82.07(1995/5/31)
HV:9.48%
相関係数:-0.93

相関係数は非常に良いのですがヒストリカルボラティリティが9.48%と意外と高いですね。
2007/09/09(日) 21:33 | URL | よはん #ibHF2yig[ 編集]
よはんさんへ
褒めていただきありがとうございます^^

20年分のデータを使うと結構バラツキが出てきますね。どこまで過去にさかのぼるか、どこのデータを使用するかで指標はかなり幅が出てきますし、それを恣意的に使うことも可能ですから、情報の受け手は自分で咀嚼して受け入れる必要がありますね。

20年分のデータで指標を見てみると、なんだかあまり説得力のない記事になってしまいそうです・・・。
2007/09/11(火) 18:20 | URL | 多賀 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxking.blog47.fc2.com/tb.php/52-869dd5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前回まではいかにこの組み合わせが長期にわたり為替変動への耐性があるかを語ってきました。そして、前回質問があった「金利の推移はどうなのや」ということを調べてみました。まあぶっちゃけた話、元本は結
2006/08/01(火) 20:52:01 | 田舎の弱小サラリーマンがFXで月給以上を稼ぐブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。