このサイトは本業であるサラリーマンの月給以上をFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で稼いでいるブログです。ズバリ稼ぐコツ、教えます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末にかけて軒並み円安が進みましたね。

私のポートフォリオの柱でもあり、小さく実験しているスイングトレードの柱でもある

豪ドル円が円安に振れたこともあり、評価益は増加しております。





別に含み益が増えたからといって一喜一憂すべきではないのでしょうが、

とりあえずなんだか気持ちは軽い週末になった気がします。





さて、先日、豪ドル円+米ドル円-カナダドル円を組み合わせた際の

スワップポイントから計算した年利の推移を掲載しておりましたが、

私の勘違いにより見ていた方を混乱させてしまったかもしれませんので、

別の方法で集計したものを掲載したいと思います。






計算方法については、三菱商事フューチャーズ証券の金利表からデータを引っ張ってきて、

豪ドル円+米ドル円-カナダドル円でスワップ合計を計算し、

毎月一日のスワップポイントに365日を掛け、

証拠金である20万円で割ったものを年利として数値を出しております。





スワップ推移


金利のピークは昨年の夏ごろですね。

現在は米ドルの利下げもあり20%前半で推移していますが、

年利20%を安定してたたきだせるのであればかなりの成績だと思います。





今後、米ドル金利が利下げされていくのでしょうが、

カナダドルも追随するかもしれませんし、

豪ドルはもともと高金利ですので多少利下げしてもゼロに近くなることはないと思われます。





どのような推移をするかは、専門家でもわからないでしょうからね。

ただひとつ確実に言えることは、預金や日本国債などの金融商品を購入するよりも、

はるかに金利はよいということです。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

~~~~メニュー~~~~


■はじめに ■FXとは ■投資へのスタンス
┣このサイトについて ┣FXのしくみ ┣投資スタンスについて
┣私の目指すところ ┣FXのメリットデメリット ┣スワップ狙い 
┣スワップ派の定義
┣手数料の違い ┣単一通貨を運用するリスク
■投資をする前に ┣FXのリスク ┣より強固なPF
┣複利を有効に使う ┣不動産投資と同じ! ┣最適なPF
┣お金を運んできてくれるものを買う ┣スワップ派のスタンスの違い
■投資経過 ■ポートフォリオを組む ■FX業者について
┣スワップ投資の1年後 ┣AUD&USD&CAD ┣おすすめFX業者
┣現在のFX収入 ┣ポンドとユーロは仲良し?
┣スイングトレード結果 ■リンク集
■資金効率をあげる
■勉強部屋 ┣バリュー株とのコラボ
┣税金について
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxking.blog47.fc2.com/tb.php/220-4eb44a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。