このサイトは本業であるサラリーマンの月給以上をFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で稼いでいるブログです。ズバリ稼ぐコツ、教えます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株でも為替でもそうなのですが、

アナリストというか評論家というか、ああいう人たちは ホントに気楽ですよね。

相場を見て自分の思った事をただしゃべっていればよいのですから。





でもああいいう人たちってどうやってあれぐらいまでの地位になるのでしょう?

普通スポーツの評論家というのは一流選手としての実績を残した人がやっているし

国の評議会だか委員会だかに呼ばれる人はその道のスペシャリストで

論文や開発などの実績を残している人が呼ばれるわけで。

アナリストという職業はただ後付けの理屈が上手な人たちがなるのでしょうか??





というのも、人のブログを読んでいて知ったのですが、

FX投資家で本も出している山根さんや有名人のマット石井さんは

今現在「なぜ外貨を売らないんだ!!」と声高らかに言っているそうです。






山根さんは知らないですが、

つい先日まではロングだロングだといっていたマット石井さんがですよ、

風向きが変わったからってショートだショートだといっているわけですよ。

ロングをする人たちの気が知れないぐらいな感じのようでした

(実際私が直接聞いたわけではないので少々大げさになっているかもしれませんが)





別に個人の意見だからなんと言おうが勝手ですが、

有名人なのだから少なくとも何千何万人の人に影響を与えているという事は

肝に銘じてほしいものです。





ロングだロングだといっておきながらそれを聞いてロングした人たちに向かって

「何今頃ロングしてんの?」と言っているようなものです。





もう少し言葉に責任を持ってもらいたいものですが、

しかし、どっちか自分の意見を主張しないとそれはそれで

アナリストとして商売できないですから難しい商売ですね。

というかそれが商売になっている時点ですごい世の中だと思ってしまいますが。





皆さん、競馬の予想屋に払う金などもったいないですよ。

相場に一喜一憂しないようなスタンスで取り組みましょうね。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

~~~~メニュー~~~~


■はじめに ■FXとは ■投資へのスタンス
┣このサイトについて ┣FXのしくみ ┣投資スタンスについて
┣私の目指すところ ┣FXのメリットデメリット ┣スワップ狙い 
┣スワップ派の定義
┣手数料の違い ┣単一通貨を運用するリスク
■投資をする前に ┣FXのリスク ┣より強固なPF
┣複利を有効に使う ┣不動産投資と同じ! ┣最適なPF
┣お金を運んできてくれるものを買う ┣スワップ派のスタンスの違い
■投資経過 ■ポートフォリオを組む ■FX業者について
┣スワップ投資の1年後 ┣AUD&USD&CAD ┣おすすめFX業者
┣現在のFX収入 ┣ポンドとユーロは仲良し?
┣スイングトレード結果 ■リンク集
■資金効率をあげる
■勉強部屋 ┣バリュー株とのコラボ
┣税金について
 
コメント
この記事へのコメント
寝太郎さんが
いつのまにかブログ復活されてます。

私もポートフォリオFX投資を実践してみて1年が過ぎました。

ただ、スワップ派と分類されるブログもちょっと荒れてますね。
それだけ、みんなの気持ちがささくれだっているのでしょう。たぶん・・・


自分なりの投資に対する時価軸を見直す良い機会と考えればですけど・・なかなか・・ですね。

追伸
私もセン短の1万円キャンペーン貰うつもりで~す。
2008/03/19(水) 20:53 | URL | 自称弟子 #hiiZJbic[ 編集]
自称弟子さんへ
以前にアドバイスさせていただいたときに比べるとポンドがだいぶ下に行ってしまって含み損が大きくなってしまったのではないでしょうか?当市は自己責任とはいえホントに申し訳ないです・・・

ただ、考え方としては今後の投資生活においても少しは役立つものかとおもいますので今の自称弟子さんのご活躍を祈念しています。

まずは目先の1万円を確実にゲットしていきましょうね!!
2008/03/20(木) 19:57 | URL | 多賀 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxking.blog47.fc2.com/tb.php/214-3cef103b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。