このサイトは本業であるサラリーマンの月給以上をFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で稼いでいるブログです。ズバリ稼ぐコツ、教えます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ラジオ番組のマネー口座コーナーでFXについて取り上げていました。

それを聞いてFXもだいぶメジャーな投資商品になってきたんだなぁと思いましたね。

それもこれも、巨額の利益をあげて脱税していた人々の報道が

かなり影響してるのだろうなぁとおもいます。





現に私が数回やり取りさせていただいている税理士の方も

「以前より注目度が増してきたので、税務署も今後狙ってくるだろう」

とおっしゃってました。






さて、ラジオの説明の中では

FXはレバレッジがかけられて非常に危険な商品なので、

リスク管理には十分に注意しなければならないことを非常に力説していました。

・レバレッジは2倍以内にすること

・必ずストップオーダーを入れること

この2点はかなり強調して説明していました。





まあ、ラジオなんて万人に聴かれるメディアですから下手なことを言うと

のちに「損したから弁償しろ」とかお門違いなクレームが来るからしょうがないでしょうけど、

私にいわせて見ればこの2点というのは互いに相反する項目なのですよねぇ。

だって、ストップオーダーを入れているということは、 損益下限は確定するわけですから、

私なら投資効率を上げるために必要最低証拠金以外は引き出して、

別の投資に振り向けてしまいますね。





であれば、レバレッジなんてその取引業者の最大値になってしまうわけです。

そして、ストップオーダーを入れた瞬間、

余裕資金を入れている意味もまったく無くなる訳です。

余裕資金はあくまでもストップオーダーを入れない人用に必要なわけです。





何も知らない無垢な状態でラジオを聴いたらほとんどの人が 鵜呑みにすると思います。

まあラジオなんてきっかけですから、そこから自分で調べて勉強すれば、

そんなことは分かるはずですからどうでもいいといえばどうでもいいんですけど、

一番最初に聞いた情報というのは、

それがその人のスタンダード(基準)になってしまうわけですから、

正しい情報を提供してもらいたいとも思うのですよねぇ。



人気blogランキングへ

次へ進む
スポンサーサイト

~~~~メニュー~~~~


■はじめに ■FXとは ■投資へのスタンス
┣このサイトについて ┣FXのしくみ ┣投資スタンスについて
┣私の目指すところ ┣FXのメリットデメリット ┣スワップ狙い 
┣スワップ派の定義
┣手数料の違い ┣単一通貨を運用するリスク
■投資をする前に ┣FXのリスク ┣より強固なPF
┣複利を有効に使う ┣不動産投資と同じ! ┣最適なPF
┣お金を運んできてくれるものを買う ┣スワップ派のスタンスの違い
■投資経過 ■ポートフォリオを組む ■FX業者について
┣スワップ投資の1年後 ┣AUD&USD&CAD ┣おすすめFX業者
┣現在のFX収入 ┣ポンドとユーロは仲良し?
┣スイングトレード結果 ■リンク集
■資金効率をあげる
■勉強部屋 ┣バリュー株とのコラボ
┣税金について
 
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

確かに最近、FXもメディアに露出してきていますね。テレビCMでも見るようになったし。(とは言ってもオープニングベルとかですが・・・)

内閣府?か何かのアンケートで、株や投資信託に投資したいという人は、わずか25%程度なんです。コレは国民性なんでしょうけど。

そのなかで顧客を獲得する為には、それなりに工夫をしなければならないのでしょうね。

まぁ、投資をしない人は放っておいて、これから物価上昇が予想される経済に泣くだろう姿を横目に、コッソリと儲けられればいいカナと。
2007/07/05(木) 21:02 | URL | 放置プレイのプー太郎 #-[ 編集]
放置プレイのプー太郎さんへ
株や投資信託でさえ25%ですからFXなんて考えることもないのでしょうね。

最近では物価上昇の足音が少しずつ大きくなっている気がします。私もコッソリ儲けていきたいと思います^^
2007/07/06(金) 00:40 | URL | 多賀 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxking.blog47.fc2.com/tb.php/138-e49be458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。