このサイトは本業であるサラリーマンの月給以上をFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で稼いでいるブログです。ズバリ稼ぐコツ、教えます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日いっちゃんさんからこのようなコメントを頂きました。

---
初めまして。 ブログいつも楽しみにしています。
私もちゃんとした検証はしてませんが同様なことを考えてました。
私の場合
ユロ円(買)×1:ポン円(買)×1:スイス円(売)×3
この割合でいけば為替差益も吸収できてスワップも受け取れるのではないでしょうか?
よろしければ御意見いただけないでしょうか?
---

今回はこれについて検証していきたいと思います。
banner_04.gif
[ポンド円+ユーロ円-スイスフラン円では?]の続きを読む
スポンサーサイト
さてさて、前回はだいぶ含みのある終わり方をしたのですが、

期待して待っていた方はどれほどいるでしょうね。




とりあえず前回までは1991年からの推移を見てきたのですが、

今回はユーロが流通しだした1999年から約8年間をとってみることにしました。




この8年という期間を長いと見るか少ないと見るかは個人の判断によるところですが、

8年間繰り返したのだからあと1年ぐらい同じような動きをするということも考えられ、

またその逆も然りです。

まあそんな話はこのブログを見る人が判断するわけでして、

まずは結局どうなったのかを報告します。




1999年1月にポンド買いとユーロ売りを同時にエントリーしたとして、先日導いた

ユーロ:ポンド=1:0.69の比率で評価損益をグラフ化してみると下図の様になります。

GBP0.69EUR1合計.gif


このグラフを見るとずいぶんデコボコがあるグラフだなぁと思いますよね。

ということでもう一度この期間での通貨組み入れ比率による評価損益の変動幅を

洗いなおしてみました。

EURGBP比率3


だいたい1:1か1:0.9が怪しいですね。ここからさらに細かく見てみると

最適値はユーロ売り1に対してポンド買い0.95であることが分かります。

EURGBP比率4


先日の16年分のデータからのシミュレーションでは

ユーロ売り1に対してポンド買い0.69が最も変動幅が小さかったので、

採用する期間によって最適な組み入れ比率はだいぶ変わるようですね。

結構大きなバラツキがあると思われます。




さてそれではユーロ売り1に対してポンド買い0.95のペアで

ポジションを取ったときの個別通貨の動きを見てみましょうね。
banner_04.gif
[ポンドとユーロは仲良し?シュミレーション最終弾]の続きを読む
さて、前回ではポンドとユーロの組み合わせを1:1では意外と吸収できてそうで、

実はそれほど吸収できていないということを書きましたが、

それではこの組み合わせで一番幅が小さくなるのはどこなのかを追いかけてみましょう。




ユーロを1としてポンドを変動させてみることにします。

すると下の表のようになります。損益の単位は万円です。

EURGBP比率1


ここでドローダウンが小さい値になっているところを見ると、

だいたいポンド比率が0.65から0.7ぐらいが怪しいなと分かります。

さらに細かく見てみると
banner_04.gif
[ポンドとユーロは仲良し?シュミレーション第二弾]の続きを読む
さて、このブログをずっと読んできた方は

「早くどのような通貨の組み合わせが最強か教えろ!」

という風に思うかもしれません。




まず、正直な話をすると今までブログに書き連ねた情報については、

私が過去のデータなどから導き出したものではありません。




FX業者のセミナーなどで収集した情報を集めて自分なりに解釈したものです。

そして今まで紹介した組み合わせよりも、

さらに為替変動を打ち消しあう通貨の組み合わせを考えようとすると、

なかなか素人では通貨ペアを探すのは難しくなってきます。




素人でもすごく勉強している方や、データ処理に長けている人なら可能でしょうが、

普通に働いていて片手間に投資の勉強をしている人にとっては、かなり難題だと思います。




さらに、通貨の組み合わせにも流行り廃りがあり、

先に取り上げた組み合わせもどんどん古くなっていきます。




ここから教える情報は直感や将来の政治的情報などを排除したものであり、

膨大なデータなどから導かれた客観的な統計情報に基づいて導かれた

選りすぐりのPFだと自負しております。
banner_04.gif
[最適なPF]の続きを読む
一部のスワップ派から人気のある、英ポンドとユーロの組み合わせですが

(わたしもPFに組み入れようかなぁなどと考えているのですが)、

まずはどのような推移をたどってきたかを見てみることにしましょう。




データはユーロのデータがある1993年から2006年9月まで約13年。

まずは単一の動きから見てみましょう。




まず1993年というとポンドが約188円でした。

現在と比較してみるとポンドはだいぶ高くなりましたね。

1993~GBP


1998年ごろに240円まで行った後はジェットコースターのように150円タッチ。

その差90円ですか・・・そしてそれからは緩やかに右肩上がりで現在にいたっています。




ユーロを見てみますと1993年に登場したユーロは約150円でした。

こちらもポンドと似たような動きをしながら160円タッチをした後、急降下、

そして緩やかな右肩上がりです。

ユーロはずっと安いイメージがあったのですが

1993年当時と今とが同水準とはちょっと驚きです。

1993~EUR


この二つのグラフを見てもらうとなんか似たような動きをしているなぁ。

組み合わせてみたらどうなるだろう?と思うもは僕だけでしょうか?




ということでポンド買いとユーロ売りをお互いに1万通貨ずつ

1993年の1月2日に購入したとするとどのようになるか

シミュレーションをして追いかけてみましょう。
banner_04.gif
[ポンドとユーロは仲良し?シュミレーション第一弾]の続きを読む
10月8日現在の一日あたりのスワップポイント合計は3450円です。証拠金合計が450万円なので年利はだいたい28%ぐらいですね。



現在の私のPFの柱はなんていったって豪ドル円とポンド円の2本柱です。これにいくつかの通貨をくっつけているといった感じですね。



本当のところ、もう少しポディションを取りたいのですが、ここのところよさげな通貨は高値傾向なので躊躇しています。まあ、3ヶ月ぐらい様子を見れば去年の年末のようにドカンと下げるかもしれませんので、毎日のスワップ金利で種銭を増やしながら様子を見たいと思います。



焦ってポディションとって大損は避けたいですからね。



人気blogランキングへ

ホームへ戻る
今年も早いもので残り3ヶ月になりました。最近、確定申告についての質問もありましたので、自分の経験と今後の自分の進め方について書いてみたいと思います。



今年は昨年末と年始のNZDで数十万のマイナスからスタートしましたが、その後、為替変動を吸収するスワップ狙いのスタンスを固めたこともあり、100万円を超える利益が得られそうです。



FXで得られた所得はくりっく365以外の業者を使っている人は雑所得になります。



雑所得は20万円以内であれば確定申告しなくてもかまいません。
(収入から経費を引いたものが所得なので、トレードするのにかかった経費を利益から引いて20万円を超える場合は申告が必要)
20万円近辺の人は調節して確定申告しなくてもいいようにするのも手ですね。
banner_04.gif
[確定申告について]の続きを読む
為替変動をどのようにして吸収させようかと思ったときに、それぞれの通貨ごとの相関性などを確認するために、元になるデータを入手しなければなりません。



インフォシークマネーでコツコツデータを収集しようとも思ったんですが、50件ずつしか表示されないので途中でめんどくさくなってやめました。



それで楽に収集できるところは無いかなぁと徘徊していたら・・・見つけました。
banner_04.gif
[為替の日足データを入手する]の続きを読む

~~~~メニュー~~~~


■はじめに ■FXとは ■投資へのスタンス
┣このサイトについて ┣FXのしくみ ┣投資スタンスについて
┣私の目指すところ ┣FXのメリットデメリット ┣スワップ狙い 
┣スワップ派の定義
┣手数料の違い ┣単一通貨を運用するリスク
■投資をする前に ┣FXのリスク ┣より強固なPF
┣複利を有効に使う ┣不動産投資と同じ! ┣最適なPF
┣お金を運んできてくれるものを買う ┣スワップ派のスタンスの違い
■投資経過 ■ポートフォリオを組む ■FX業者について
┣スワップ投資の1年後 ┣AUD&USD&CAD ┣おすすめFX業者
┣現在のFX収入 ┣ポンドとユーロは仲良し?
┣スイングトレード結果 ■リンク集
■資金効率をあげる
■勉強部屋 ┣バリュー株とのコラボ
┣税金について
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。